ジョブコーチ

  • 2022年12月24日
  • 2022年12月24日
  • NEWS
  • 373view
  • 0件

障害者雇用の法定雇用率を満たすために、ハローワークから精神障害の従業員を採用しました。急に休むことが続いたので、一度厳しく注意したのですが、それ以来私に対する態度が変わったように思います。避けているというか怖がっているというか、仕事の指導も以前のようにできなくなりました。

ポイント!

精神障害を持たれる方に厳しい指導をしてはいけないということはありません。しかし、負荷が大きすぎず、且つ本人に理解してもらえる指導はとても難しいものです。また、人によってストレス耐性や理解力、性格など異なりますので、ステレオタイプの対応という訳にもいきません。

さくらクリニック&Co.の場合

本人と会社の間に“ジョブコーチ”という第三者として介入します。ジョブコーチは国の施策のため会社の費用負担なく導入できます。本人の職場での困りごとを会社に”通訳”したり、会社の要望を本人の障がい状況に応じ本人に理解しやすく伝えたりし、本人と会社がともに働きやすい職場作りを支援します。

  • フォルテメディア
  • フォルテメディア
さくらクリニック&Co

大阪・関西のEAP・メンタルヘルスならさくらクリニック&Co.

Copyright(c)さくらクリニック&Co. All rights reserved.